出会い系

出会い系サイトで圧倒的高確率で人妻に会うためのシンプルな考え方

出会い系サイトで圧倒的高確率で人妻に会うためのシンプルな考え方

行列が出来ている店ってあるよね?
飲食店が多いけど、その店で何かを食べるためには、並んで我慢しなければいけない。

マナーだよね。
では、並ばなくてもいいよ、早いもん勝ちだよってなると、さあどうなる?

熾烈な競争が発生し、足の引っ張り、相手を叩きのめすなどの修羅場が発生する。
最後は強いモノがかつ。

でも、出会い系はそういう修羅場の強者が勝つ場所じゃないんだよ。
他と違うんだよって事を理解させて、選ばせる。

それだけでいい。
これが分かると、一晩だけの相手やセフレを作りやすくなる。

出会い系サイトの競争に勝つ2つの要点

経験上、出会い系サイトでの競争に勝つというのは、2つの要点しかないと思っている。

早い者勝ち
他者との違いで勝つ
大雑把にいえばこの2つ。そのためのスキルやテクニックはあるが、そういう事は別の機会に。

ただ、基本として、考え方の土台には確率論がなければいけない。
それが脳の芯から分かっていると、ストレスフリーで今ヤリたくて仕方がない人妻をゲットできる。

でも、これがわからない男がほとんどだったりする。
だから出会い系であなたが勝つのは簡単だとも言えるんだけどね。

出会い系サイトはブスでもチヤホヤされる
出会い系という場所は、圧倒的に女性は有利。
ここは認めざるを得ない、揺るぎようがない事実。

女性は選ぶ側で、姫様気分を味わえる。

どんなブスでもだ。
男がわんさか寄ってくるので、ブスほど勘違いする。

普段そんな事を味わった事がないからね。
たまんないわけだ。

そうなると何が起きるのか。
ブスほど、”チヤホヤされるため”に出会い系を利用する。

もちろん会いたがるブスもいるが、ブスは目的が違う事もあるって事をまず覚えて置く事。
そして、チヤホヤ願望のブスは相手にしない事、早めに見切ること。

この見切りを付けられるのかどうかが、結果的に出会いの確率を高める。
これ大切。

どんな女性にも一瞬で100を超えるアプローチが来ている

普通の女も一定数いる。
普通以上の女も居る。

個人的には、そういう女性は男のむき出しの欲望の怖さを知っているから、まず守るという事から入るんだろうな・・・というのは経験からくる実感としてある。

男性が寄りつかないように無意識に防衛しているが、それでもイヤってほどアプローチがくるのが出会い系。

出会い系で知り合った女性にぶっちゃけ話を聞かせてもらえばスグにわかる事だが、登録直後で100件ぐらいのアプローチが来るのが当たり前。

その100件の中で引っかかる1人になれるかどうかの勝負がそこにあるわけだ。

では勝つための工夫はしているのか?ってこと。
工夫をネットで調べたノウハウを使う事だと思っているなら、負け組の仲間入りするよ。

出会い系で出会えた人妻に機会があればどんな文面が送られてくるかを見せてもらったらいい。
どこかのサイトで勉強したんだろうな・・・ってのが丸わかりだから。

ほんと似たような文面ばかり。
似た文面が3つも4つも来れば、それはその他多数扱いだからね。

だって、送られてくる側目線で見れば気持ち悪いだろ?

赤の他人のはずなのにみんな同じような文面が送られてくるんだから。
「あ、この男つまらないんだろうな・・・」ってのが、一通目のアプローチで分かる。

100人の中で際立つ1人になれば会える

話があちこちに行っているので簡単に言うと、結局、確率論。
女性はブスでも普通でも可愛くても、イヤになるほどのアプローチが送られてくる。

登録しただけでざっと100人からアプローチがくるんだから。

でも会うのは物理的に1人だよね。
ここがポイントね。

日を変えて数人と会うかもしれないが、会う瞬間は1対1なわけだ。

その1人に自分が選ばれる事が大切で、そのためには100人のアプローチの中で引っかかる1人じゃなければいけないってこと。

ネットで勉強してマネしたような文面で成功しないのは当たり前。
その他大勢の1人から抜け出せていないから。キモイし。

ただ、延べ1,000人ぐらいのアプローチがあれば、1%でもまだライバルが10人居るって事になる。

1%の個性を発揮したつもりでも、まだ9人似たような男がいるから、その10人の中での競争が発生する。
だから、出会い系は出遅れたら不利なんだよ。早い者勝ちってこと。

これも大切なポイント。
ジックリ吟味する暇があれば、とりあえず送る行動力が大切。

少し話がそれつつあるから、戻すけど、会うつもりがある人妻なら、100人の中の1%の男性になれば会えるんだよ。

だって会いたいんだから。
今スグ抱かれたくて登録しているいのに、何日も待つわけがないだろ?

つまり「早い者勝ち」と「他者との違いで勝つ」という2つが要点なわけ。

イメージできるよね?
メカニズムそのものは簡単なんだよ。とっても。

1%の男になる事を意識している男が少ないから勝ちやすい
僕は出会い系で会う事に苦労をした覚えがないし、むしろ、今は会った後の苦労のほうが色濃く記憶に残っている・・・。

それはさておき、出会う事に苦労をした覚えがないというのは、さきほど書いたような割り切り方をしているから。

男100人のうちの1%を狙うんだから、単純に、100人の女性に自分の個性を出したアプローチをすれば1人は絶対にヒットするって考え方をしている。

ただ、実際には10人にアプローチすれば1人は会えるよね・・・ってのが実感。

憶測でしかないが、どの男も似たり寄ったりな文面を送っているからなんだろう。個性を感じさせる男が100人中10人しかいないなら、その10人の中での競争でしかない。

あれこれ意味のわからないネット記事を読んでる暇があるなら、自分の頭で1%に入るアプローチを考えて、それを10人ぐらいに送ればいい。

手ごたえがなければ、少し変えてみて10人に送れば良い。
確率論って割り切るということは、上手くいかない確率が一定数存在しているんだから、失敗こみで行動するしかないって割り切れるかどうか。

長くなったが、確率論だし、スグに行動を起こせるかどうかだし、自分で考えられるかどうかなんだよ。

それを理解できない男に出会い系は無理なのかもね。