出会い系

割り切りで出会い系を利用する女をセフレ化するためのステップ

割り切りで出会い系を利用する女をセフレ化するためのステップ。

出会い系で割り切りを実践している女は少なくない。
そういう女はイヤだ!というデリケートな男性には、そういう女を毛嫌いするのだろうけど、実際のところ、そういう女性もターゲットに入れたほうが出会い系を楽しめる。

そういう男も多いと思う。
ただ、とはいえなんとかタダで・・・と思う自分も居たりするのではないだろうか?

実際にはタダにこだわるとグンと難易度があがる。
ただ、セフレ化という方向性で考えて行動すると、結果的にタダになることもある。

そうなるメカニズムのようなものをちょっとだけお伝えしたい。

割り切り女性はなぜ出会い系サイトに登録していると思う?

大切なのは、女性はなぜ出会い系に登録して、出会い系を通して何をしているのかってこと。

割り切り女性の場合は、そこがとても明確。
とても明確だから、こちらも対策を打ちやすくなる。

割り切り女性は、なぜ出会い系サイトで相手を探しているのだろう?

正解はないが、実際に僕が利用しながら感じているのは、次のようなポイントなのだと思っている。

話が早いしリスクが低い
一言で言えば、これに限る。
プライベートで割り切りの相手を探すとなると、それはとんでもないリスクを伴う。

友達関係に変な噂が広がる事もあれば、社会人なら仕事に思いっきり支障がでる。個人的なつながりがある中で割り切りの相手を見つけるのは、リスクが高すぎる。

でも、そういう相手を見つけたい。
そこで出会い系サイトという選択肢が出てくるという流れの女性が多い。

つまりは、リスクを抑えられる、話が早いから利用しているのだということ。
まずはココを明確に押さえておく。

お金が欲しい
明確な理由としては、お金が欲しい。
これもわかりやすい。彼氏が欲しいとか、そういう事じゃない。

シンプルにお金が欲しいから、割り切りで募集をしているということ。

だからお金の繋がりなのだとこちらも割り切ってしまえば、愛人契約的なセフレ関係を構築する事もできる。

一番簡単にセフレ化する方法の1つだったりする。

割り切り女性をセフレ化できる男になるという考え方

割り切り女性をセフレ化するためには、女性の事を知る事が先ず大切。

その上で、己自身はどうなのかということ。

セフレという継続的な関係を築くとなると、男としての最低限の条件を満たしている事が欠かせない。(ここを理解せずに行動する男が多いはず)

最低限ラインとして、次のような事は満たしている男であることがポイント。

男としての最低ラインをクリアしている
割り切りで会うどうこうに限らず、まず男としての最低限の条件を満たしている事が不可欠。

出会い系の場合は次の要素は満たしていればいるほど有利に働く。

清潔感
精神的余裕
金銭的余裕
最低限の会話スキル
中でも清潔感は必須です。
その上で、他の条件も満たしていればセフレ化は簡単になる。

信用・安心
出会い系での出会いとしても当然のこと、セフレ化まで考えるなら欠かせないのが、信用と安心感です。

ここがクリアできないとセフレ化は難しいと思ってもいいぐらいです。

なぜなら、割り切りで活動をしている事を伏せたいと思っているからこそ、その女性は出会い系でこっそり活動をしているのです。

バラすリスクがある男性は避けたいのです。
ましてやセフレの相手となると、バレそうな相手を選ぶ事はありません。

信用や安心感が大切です。

例えば、出会い系で出会った他の女の事等は絶対に言わないこと。

女性との何気ない会話の中で「どんな相手と出会った?」となる事がありますが、そこでちゃんと応える事が誠意のようでありつつも、答えすぎると、口が軽い男として認定されます。

そういう男とセフレ関係は継続できませんから、なんとなく濁したり、「そういう事を言い合うのは辞めようよ、今を大切にしようよ」と言ってみる。

とにかく口が堅いんだという印象を保つ事が不可欠です。

割り切りの出会い系女性をセフレ化するためのステップ
人それぞれにやり方があると思いますが、僕がうまくいくパターンの共通点をもとに、どうすればセフレ化できるのかの流れを書かせてもらいます。

現在進行形で23歳のフリーターと25歳の公務員がセフレ状態ですが、2人とも明確にセフレだとは告げてません。でも互いに彼氏彼女ではないし、エッチありきであることも分かっています。

そういう関係を作るための大きな流れを書かせてもらいます。

接点を増やす
あえて書くまでもありませんが、とにかく接点がなければ何も生まれません。

出会い系に登録して、女性にアプローチする。
ある程度狙いを定めてもいいと思いますが、この辺りは機械的に感覚的に進めていってもいいと思います。

やり取りをして会う
ある程度のやり取りが続くようになれば、その流れで会う約束をして会います。

ここはトントンとテンポよく進める事が大切です。
鉄は熱いうちに打てと言いますが、出会いにもそういう側面があります。

ここでのテンポ感が悪いと後々悪い流れになりやすいので、とにかく初回まではテンポを大切にします。

出会う
会って食事して、ホテルという流れで良いと思います。
場合によっては食事が不要な事もありますが、僕は食事を挟むようにします。

食事という段階がないと、どうしても行為も機械的な作業的になり、次につなげにくいという自身の経験から来ています。

その食事で、僕はある事を中心に聞くようにします。

フォロー
会った後はちゃんとフォローします。

何日空けて・・・という恋愛のセオリーのようなものがありますが、僕はむしろ、直後ぐらいに送ります。

内容は感謝メインです。

そして、食事の時に聞いた会話のある事をちゃんと俺は覚えているよって事もそこで伝え、相手の中にある自己重要感を満たすようにします。

自己重要感を満たすのはなぜか

意図的に自己重要感を満たそうとしている事には理由があります。
割り切りをしている女性の多くが不足している感覚がそれだからです。

1回目に会った後は、”あなただから”というフレーズが合うような事を中心に伝えるようにします。

例えば、「俺があれだけギンギンになれたのは、あなただからだよ」みたいな事も、流れに合わせて伝えます。

ちなみに、1回目会うまでの流れはテンポよくと書いたのも、「話が楽しくてガツガツした感じになってしまった」という言葉に説得力を持たせるためです。

2回目
全ての女性が・・・という事はありませんが、相手の自己重要感を満たす事ができれば、2回目に会うまではそう難しくはありません。

「食事だけでもいかない?」ぐらいでいいんです。

あなたは食事だけでも楽しませる価値がある女性だよって事が伝わればいいし、エッチの流れに持っていくには、良い女を抱きたいと思うのは男として普通だろ?ぐらいのニュアンスで伝えれば、重要感が高まります。

お金以外の報酬を与え続ける意識

これは何をしているのかというと、お金と言うモノを与えるという報酬ではなく、精神的な喜びという報酬を与える関係へとシフトしていっているのです。

ここがキッチリとはまると、相談にも乗ってくれて、性欲が満たされない時にはエッチも出来て、自信をつけてくれる存在として自分を位置づける事ができます。

一度そういう存在として認識されると、あとはラクチンですよ。

決して一般的に見ていい事をしているとは言えませんが、その女性にとっては、ある面ではカウンセラー的な役割として自分が居る事になりますので、下手を踏まないかぎり恨まれる事はありません。

数稽古が不可欠です
僕の書いている事は、数々の失敗を経て、僕のキャラクターに合わせたやり方として見出したものです。

全ての人が同じやり方でうまくいくとは思っていませんし、一度や二度トライしたぐらいでうまくいくわけじゃありません。

その中で意識した事は、作業的でサイクル化できる部分はどこか、です。

僕の場合は、女性へアプローチする段階は作業的です。
そこでウンウンうなっても仕方がありませんからね。

0を1に変えない限り何も始まりません。

どの出会い系サイトを利用するのかも大切ではありますが、大手出会い系サイトを使えば大差はありませんし、むしろ併用したほうが効率が良いですしね。

併用しながら、ある程度は作業的にアプローチし、ひっかかりのある女性にシッカリと時間を使うという効率性を重視しています。

全てがトントンといくわけじゃないよって事を注釈として伝えさせてください。

先ずは行動をしてみてください
どうせ失敗をするんです。
その失敗は成功するために不可欠な失敗で、その失敗を通して何かを学ぶために失敗するのです。

割り切り女性をセフレ化するなら、まず割り切り女性と一度会って関係を持つということに到達するまでがスムーズに行くのかどうか、です。

会ったら、そこでの会話の内容を、今後につなげられる内容にできるのかどうか、です。

うまくいかない事が多いですが、やればやるほど上達し、上達するほど、あれ?こんなに簡単なの?っていう感覚になってきます。

だから、半信半疑でも先ずは実際に行動する事をオススメします。

ちなみに、次はどんな体位でしたいのかの会話をセフレと先日したばかりです。

もともとはそういう事を言わないタイプだったのに、今はしたいプレイを少しずつ自分の言葉で言えるようになってきています。

そうする事が自分がもっと気持ちよくなるために大切なんだよって事を伝え、身体で理解させ、今があります。

そこには割り切りとかセフレとかの概念にハマらない関係性が成立していたりします。

あなたもそういう相手を見つけてみませんか?