モテたい

女性があなたとの会話した印象はリズム感の心地よさが左右している

女性があなたとの会話した印象はリズム感の心地よさが左右している。

会話は言葉のラリーです。
こちらが話して相手の女性が聞き、女性が話した事をあなたが聞き。

この繰り返しですよね?

しかし、「何を話すか」にばかり意識が向いている人が多いように思いますが、いかがですか?あなたも、何を話すのかばかりを気にしていませんか?

何を話すかも当然大切ではありますが、一度、会話のリズム感にも意識を配ってみてください。

フレーズを覚えてはいないが印象は覚えている

少し思い出してみてください。

あなたが会話をして楽しかったと思う時には、何を話したのかという事を鮮明に覚えてますか?

こう言ったら相手はこう言った。
そして、僕はこう言った。

とやり取りを再現できるほど覚えてませんよね?
覚えていても、「こう言った」というワンフレーズ程度ではないですか?

女性もそうです。
ワンフレーズぐらいしか覚えてません。

ただ、「楽しかった」とか「心地よかった」という会話全体の印象は覚えてますよね?

会話全体の印象というのは後々まで相手の中に残ります。
また話したいと思ってもらえるかどうかは、何を言ったのかよりも、会話全体の印象が大切とも言えます。

そして、会話全体の印象を左右している要素の一つに「リズム感」があります。

相槌の役割はリズム感を生むため

なぜ会話のリズム感が大切なのか。
単純に、リズムが合うと心地が良いんです。

例えば、会話の中に”相槌”ってありますよね?

「うん」とか「そうそう」とか、相手の話している事に「聞いてるよ」という意思表示として相槌を打つはずです。

この相槌は、餅つきの、ついて、返して、ついて、返しての返しての部分から来ていると言われています。槌の相手をするという事ですね。

もちをつき、それを返す。
これをテンポよく、リズムよく繰り返す事で良いもちが出来上がります。

相槌というのは、テンポやリズムを生み出すためのものでもあるんです。

あいづちが上手い人が何故会話上手なのかというと、相手の心地いいリズム感を生み出せるからという事なんです。

リズム感が合う会話は心地いいんです。

タイミングとリズムを意識してみてください

そこで少し思い返してみてください。

あなたとの会話の中で、リズム感を意識した事はありますか?
相手の口調に合わせて、タイミングよく相槌を打ててますか?

タイミングよく相槌をうち、心地いいリズム感の会話を女性と楽しめているなら、女性があなたとの会話で抱く印象は「心地よかった」や「楽しかった」という印象なんです。

どれだけ良い事を言っていても、それが相手の心地いいリズムを崩しているなら、不快な印象だけが残り、それは「良い事を言いたいがために、自分勝手に話に入ってくる人」という評価に繋がります。

だからこそ、是非一度、リズム感を意識してみてください。

女性からの評価は変わりますよ。

「きどにたてかけし衣食住」は女性との会話の話題の基本
コツ

「女性と、どんな事を話せばいいの?」
「どんな事を話してもいいよ」って答えたいところですが、その「どんな事でもいい」ってのが、一番困るんですよね?

「どんな事でもいい」って思って女性と話をして、結局頭の中が真っ白になって何も話せない・・・そんな経験、したくはないですよね?

そこで、”こんな事が話せばいいですよ!”という話題の基本をお教えします。

キドニタテカケシ衣食住

女性との会話を弾ませる話題の頭文字を取って集めた「キドニタテカケシ衣食住」という言葉があります。
具体的に言いますと、以下のような内容になります。

キ「季節」
季節に関する話題です。
天気の話もこれに含まれます。

ド「道楽・趣味」
遊びに関する話題です。

ニ「ニュース」
ニュース番組やワイドショーで取り上げられているようなニュースの事を指します。
女性は秘密が好きですので、”ここだけの話”のようなものも受けが良いです。

タ「旅」
旅行に関する話題です。
女性は本当に旅行が好きですので、旅行の話題をひとつ持っていると、非常に興味深く聞いてくれますよ。

テ「テレビ」
ドラマやバラエティなど、テレビの話題です。
ネットが普及してきてはいますが、やはりテレビは強いです。

カ「家庭」
家庭に関する話題です。
家族に関する話題でも良いと思います。

相手の家族のこと、あなたの家族のこと。
何か話題になりそうな事がありませんか?

ケ「健康」
健康に関する話題です。
お年を召した方には健康の大事さはわかりますが、若い人には・・・と思うかもしれません。

ところが、不健康な生活を話題にすると、意外と広がります。

シ「仕事」
社会人なら仕事、学生なら学校の事に関する話題です。

衣「服・オシャレ」
女性はオシャレに関して非常に強い興味を持っています。
あなたのオシャレに関する話題じゃなく、女性のオシャレに関する話題ですからね。

食「食べる・飲食店」
美味しい食べ物、美味しいお店に関する話題です。
食べる事が嫌いな女性はいません。

住「住まい」
住居の中の話題ではありますが、住みたい家、住んでいる環境なども話題となります。
また、インテリアも話題になりますので、家に関する事全般とお考えください。

この「キドニタテカケシ衣食住」を抑えておけば、話題に困る事はない気がしませんか?
おおよそ、会話になりそうなテーマが全て含まれていますよね?

すぐに話題が浮かぶテーマがあれば、なかなか浮かばないものもあると思います。

得手不得手があるものですので、そのあたりの事はあまり気にせずに、今、自分の中にある話題はどのようなものがあるのか、一度棚卸をしてみてください。

意外と話題を持っていたり、意外と持っていなかったり。
色々な発見がありますよ。

そして、上記で挙げた話題を2つ掛け合わせてみたり、3つ掛け合わせてみたりすると、話題がドンドン広がっていきます。

そういう応用も是非試してみてください。